日本メーカーのカラコンは何故安全なのか

日本国内では「高度管理医療機器承認番号」がないカラコンの販売は禁止されています。昔はオシャレ雑貨扱いのカラコンでしたが、目に重大なトラブルが発生する事件がたはつしました。現在の制度になってから、目の安全を守るための基準が設けられ、その基準をクリアしたカラコンに「高度管理医療機器承認番号」が付与される仕組みとなっております。「高度管理医療機器承認番号」の無い商品の購入は危険ですので、必ずご確認ください。また日本と海外はそれぞれ基準が異なり、海外の政府承認を受けている商品であっても日本の商品番号を受けている商品と同等とは限りませんので、これも注意が必要です。付け加えて「高度管理医療機器承認番号」が付与されているから必ず安全と言う事ではありません。不良品は発生します。装用時に違和感があったり、商品に傷がついている場合は必ずメーカーに連絡して交換してもらいましょう

カラコンが雑貨として扱われていた時代は、品質管理がずさんな商品が存在しておりました。目にカラコンの色素が移ってしまったり、角膜に傷が付いたり、最悪失明などもあったそうです。目は人にとって重要な器官です。細心の注意でコンタクトの装用をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です